仲良きことは美しきかな

    

ギャラリーとくのアカウントいろいろ

道具屋

  • アウトローブラザース・マンタム:チェコのシュルレアリスト、ヤン・シュバンクマイエルとも親交のあるマンタム氏が作る骨董によるスティーム・パンク作品。
  • 古裂会:道具屋がみんな憧れるようないいものを扱う入札会。通販方式。
  • 心斎橋暮らしの骨董:啓蒙活動から入っている大阪の骨董屋さん。お手軽価格。

古本店・新刊書店

  • 玉英堂書店:神保町古本店の看板とも言える店。文学、サイン、稀覯本と古本の世界の夢が詰まっている。展示の仕方も抜群です。
  • 博文堂書店:目黒のうぶだし古本店、思想系がすきそう。
  • ジャングルブックス:雑司ヶ谷。占いもあり、古本とスピリチュアル雑貨
  • クラリスブックス:下北沢の古本店。美術と思想が得意。おしゃれなビジュアル古本店。綺麗です。
  • 古書ビビビ:下北沢古本店、北沢タウンホール真ん前。漫画が得意出版もしています。
  • 文紀堂書店:こまわり抜群、神出鬼没、猫大好きの涙もろい青年買い出し本屋。本店・仙川
  • ピストルブックス:美術やモードなどヴィジュアルな洋書を主に販売しているネット書店。よくこまめにアップしている。
  • 古京文庫:岡山の重厚な古書店。こんなんありますと一冊づつ呟いてくれる。
  • みたらし書店:茨城県の映画・音楽・サブカル、希少本・珍書・発禁本を取り揃えているネット書店。いきなり検索からいくストロングスタイル。
  • 双子のライオン堂:選書店イベントスペースもあり文学思想本屋に照準があててある。
  • 本屋ロカンタン:ドキュメンタリー映画評論家がやっている★新刊書店★ブルーレイの品ぞろえがいい。

演芸

  • 古今亭菊龍:古今亭圓菊一門の総領にいる重鎮。噺も上手だし熱狂的なファンもいる。四月から稽古会も再始動するようです。
  • 菊龍演芸館:菊龍師匠のyoutubeチャンネル。重厚なお座敷芸がいながらにしてたのしめる。当店依頼の坂口安吾作品も載っています。
  • タケノワ座:学習院大学落研OBの古今亭文菊師匠参加の芸能チャンネル。彼は音曲噺などが得意なようだ。
  • 天中軒雲月:浪曲名跡五代目。二代目三代目と同様に七色の声を持つ。何事にもくじけない不屈の根性を持っている。若き日の小村寿太郎、決戦巌流島など様式美に消化した独特の浪曲がきける。最近は病気がちだが益々芸に磨きがかかってきた。
  • 京山幸枝若:浪曲名跡二代目。武士でも江戸っ子でも浪速っ子にしてしまう幸枝若節の当代。竹の水仙や寛永三馬術がいい。中々東京にこない。
  • 伯山ティーヴィー:いまや飛ぶ鳥を目で落とすといわれている勢いの講釈師・神田伯山。釈場、ラジオ、テレビ、と次に取り出しましたる得物はYouTubeの「伯山ティーヴィー」(冬夏・古舘理沙さんプロデュース)でございます。

文芸、芸術

おふろ

  • 松の湯:墨田区緑三丁目ギリギリにある銭湯。年中無休。女将さんの心行くまでのサービス姿勢がすばらしい。
  • 押上温泉大黒湯:スカイツリーに近い巨大銭湯。露天風呂、サウナ、ウッドデッキ、オールナイト営業などこれでもかこれでもかと企画と設備投資している前のめりの銭湯。黄金湯は姉妹店
  • 黄金湯:大黒湯が経営する新しいスタイルの銭湯(こがねゆ)スタイルおふろ
  • 薬師湯:スカイツリーの根本にある銭湯。ほとんどマニアともいえる入浴剤のアラカルトは毎日かわります。
  • 江戸遊:当店ならびのスーパーお風呂。各種癒し術、飲食施設。
  • 梅湯・京都:元々銭湯研究会でクラブ活動していた湊三次郎さんが経営を引き継ぎ、さらに二軒引き継いでグループになっている。私は若いころから彼を傍目に見ています。彼は銭湯全体のことも考えています。京都の銭湯
  • 京都・加茂湯:伝統ある銭湯がどんな未来型の銭湯になっていくのか楽しみです。器より運営を大事にする経営が期待できます。
  • 中野の高砂湯:中野駅前ですが森の中にあり、ジョギングコースの中にいれてもいる人が多いようです。露天風呂いい。